病気の知識

2014.04.11更新

胃粘膜上皮の局所的な増殖より胃の内側に突出した隆起病変で、
非上皮性隆起や明らかな悪性病変は含めません。

胃ポリープは、良性の上皮性隆起病変の代表的なものです。

組織学的分類
 (1)"過形成性ポリープ"と(2)"腺腫性ポリープ"の2つに大きく分けれます。
  さらに  過形成性ポリープは、1腺窩上皮性 の3つのタイプがあります。
                 2幽門腺性
                 3胃底腺性
臨床上は、腺窩上皮、幽門腺の過形成で生じたものを過形成性ポリープ
     胃底腺の過形成変化で生じたものを胃底腺ポリープと分けています。
成因
 胃粘膜に対する慢性的な刺激によると考えれていますが 詳細が不明な点もあります。

過形成性ポリープに関して1つにピロリ菌感染が挙げられています。感染、炎症により腺窩上皮の過形成変化で一部がポリープの形となる、
長年のピロリ菌感染慢性胃炎により腸上皮化性変化をへて、腺腫性ポリープの形の場合があります。

1、 過形成性ポリープ
胃粘膜の萎縮性変化に伴い、腺窩上皮の過形成が最も多く、胃体下部から前庭部に多く見られます。
内視鏡所見で山田分類 Ⅱ,Ⅲ、Ⅳ型と様々な形態で、大きさは5㎜以下から30㎜までのものがあります。表面は発赤が強く、びらんが見られることもあります。
20㎜以上の場合、癌の合併率が高い考えられています。(ポリープ切除の対象となります)
また、過形成性ポリープでは、ピロリ菌陽性であることが多く、除菌治療により過形成性ポリープの消失が80%との報告があります。

除菌治療以外ほとんどの場合、経過観察で1年後のフォローとなります。

2、 胃底腺ポリープ
 胃粘膜の萎縮性変化をともなわず、胃体部、穹窿部に多く見られます。
内視鏡所見で山田分類 Ⅰ、Ⅱ型で大きさ5㎜以下で多発傾向があります。
表面平滑で周囲粘膜と同色傾向にあります。

とくに治療はなく経過観察で1~2年後のフォローとなります。

3、 腺腫性ポリープ
内視鏡所見で蒼白色、褐色、山田分類 Ⅱ型が多く
反応性のポリープでなく腫瘍性のポリープで、大きさ10㎜以上、表面の陥凹を伴うものは癌化率が高く30~40%と言われています。
6ヶ月毎の内視鏡検査フォローで病理検査(生検)を行い、
腺腫内癌、早期胃癌との鑑別を行います。
治療は内視鏡的切除術となります。



 



(癌の発生の経路)

大腸癌の発生経路(できる過程)に大きく2つの経路があります。

1)良性ポリープが癌化する経路 (adenoma‐carcinoma sequence型)

  腺種という最初は良性の腫瘍性ポリープが癌になるケースです。
  
  10mm以上の大きさになると癌化する危険性が高くなります。

2)正常粘膜細胞から直接 癌化する経路 (denovo 型)

  ポリープのようにすぐに見つかる少ないケースは少ないですが

  5mm以内でも癌として大腸内視鏡検査で見つかることがあります。(微小ガン)

大腸癌の発生経路としては、1)からのケースが多数を占めています。


(原因、要因)
遺伝子研究の発達により癌遺伝子と癌抑制遺伝子の関与が判り、
複数の癌抑制遺伝子の損傷、欠落が段階的に癌を引き起こすことが解明されてきています。

大腸癌の発生に、下記の遺伝子異常の多段階発現が大変よく知られています。(Vogelsteinら1990 改変)

(APC遺伝子の変異) (K‐ras遺伝子の変異) 
       ↓          ↓          
「正常粘膜」――→「軽度異型線種」――→「高度異型線種」

      (p‐53遺伝子の変異)   (DCC遺伝子の変異)
           ↓          ↓
          ――→ 「大腸癌」  ――→ 「浸潤癌、転移」

投稿者: 林医院

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 病気の知識
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ