胃がん、大腸がんの早期発見 内視鏡検査
診療時間
アクセス

林院長のブログ

2014年5月25日 日曜日

内視鏡日誌⑩

2014、4月25日

60代の女性の方で、普段は風邪や下痢など、
体調を崩されたときに来院される方で、
以前に病気で癌による死亡が1番多いので 
症状がなくても、定期的に胃、大腸、肺の癌検診をお勧めした時、
"胃カメラ検査は、苦しいと聞いているし怖くて絶対できない"
"バリウムを飲む検査でも嫌"と聞いておりました。

今回、'食事の詰まる感じ'、'胃のつかえる感じ'が初めてあり、
なかなか取れないを主訴に来院、胃薬だけ処方してもらいたいという感覚でした。

今まで一度も胃の検査したことがないので、今回がいい機会ということを
納得していただき胃カメラ検査の運びとなり、胃潰瘍、慢性活動性胃炎、
ピロリ菌感染を認め、内服治療(除菌治療+PPI内服2ヶ月)開始。

検査後、胃カメラ検査直前までは、ドキドキして怖かったけれど全然苦しくなく、
もっと早くしておけばよかったとのご返事でした。

とくに最初は未体験のものは怖くて遠慮がちになると思います。
内視鏡検査の怖い、辛いイメージが取れてよかったです。

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • 小冊子無料プレゼント
  • 胃内視鏡検査(胃カメラ)について
  • 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 患者様の声
お問い合わせ お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください 06-6391-3838 ボタンをクリックすると問い合わせフォームが開きます
受付時間は診療時間をご覧下さい
メールでのお問い合わせはこちら
  • 内視鏡検査
  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 人間ドックとの違い
  • 内視鏡症例

林医院
大阪府大阪市淀川区東三国2-2-19

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • 医院情報
  • 医院風景
  • 院長紹介
  • スタッフ紹介
  • 医院の取り組み
  • 診療科目の紹介