胃がん、大腸がんの早期発見 内視鏡検査
診療時間
アクセス

林院長のブログ

2015年3月16日 月曜日

内視鏡日誌⑲

2015年3月06日

他院にて慢性胃炎、逆流性食道炎で'プロトンポンプ阻害薬(PPI)'を
定期的に内服しているが、最近胃の調子が悪いことが多くなり
胃カメラ検査希望で来院された方です。
PPIを内服中ということもあり、
内視鏡検査で症状の原因となる新たな所見はなく、
逆流性食道炎も認めることなく、軽度慢性胃炎のみでした。
ピロリ菌の検査を希望されましたが
'H2受容体拮抗薬やプロトンポンプ阻害薬(PPI)'内服中の
判定は無効でできません。
2週から4週間のこれらの休薬後の判定となります。
ピロリ菌の再感染でないかを懸念されての申し出でしたが 
再感染率も、1%以下で除菌後の再感染も日本の衛生環境からは
考えにくいと考えられます。
年度末などで忙しくストレス性、
所見としては現れない機能性の状態も考える必要があります。

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • 小冊子無料プレゼント
  • 胃内視鏡検査(胃カメラ)について
  • 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 患者様の声
お問い合わせ お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください 06-6391-3838 ボタンをクリックすると問い合わせフォームが開きます
受付時間は診療時間をご覧下さい
メールでのお問い合わせはこちら
  • 内視鏡検査
  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 人間ドックとの違い
  • 内視鏡症例

林医院
大阪府大阪市淀川区東三国2-2-19

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • 医院情報
  • 医院風景
  • 院長紹介
  • スタッフ紹介
  • 医院の取り組み
  • 診療科目の紹介