林院長のブログ

2015.07.13更新

2015年7月13日

「進行がんで見つかるケース」

進行がんで見つかるケースは、久しぶりに検査して、あるいは年齢なので初めて検査してわかった、体重が減ったから、食欲がなくなったという症状が出て検査してわかった というケースがほとんどです。
だから、がん検診、ドッグを毎年欠かさずされている方で進行がんはまずありません。
『胃、大腸がん』は、内視鏡検査を受ければ、どちらも本当に見つかりやすい'ガン'です。早期段階ならほぼ100%助かります。発見時が進行した段階ですと生存率が下がり、手術、抗がん剤治療などで日常生活にかなりの不便を強いられます。命にかかわってきます。
同じ『がん』に罹っていても助かった人、と そうでない人の差は、早期、初期段階の『がん』を早い時期に見つけることができた、見つけたが遅かったの差です。

いかに早く見つけることが一番大切なポイントです。

検査は、"胃、大腸内視鏡検査"が診断と治療を兼ね備え、現時点では精度としてもバリウム検査、CT検査に比べてすぐれているので早期発見に一番に勧められる検査です。

内視鏡検査は、"つらい"苦しい"恐い"というイメージがつきものですが、昔の我慢して検査を受ける時代と異なり、医療技術の進歩もあり苦痛なく検査が受けられるようになりました。

ご自身、ご家族のために、あの時しておけばよかったと後悔しないために
『胃、大腸がん』の不安、心配から解放されるために 内視鏡検査をお勧めします。

投稿者: 林医院

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 病気の知識
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ