胃がん、大腸がんの早期発見 内視鏡検査
診療時間
アクセス

林院長のブログ

2015年8月25日 火曜日

内視鏡日誌㉒

2015年8月25日

以前より、胃部不快感、食後の胃重感で 近医で内服だけもらっていた方です。
内服中はいいのですが、切れると再び同症状を繰り返す。
再び症状でれば もらいに行くということを何度も繰り返されています。
内服が切れると再び症状再発、どうしてなおらないのか疑問をもたれ 
胃カメラ検査希望で来院。
内服されていたのは、'プロトンポンプ阻害薬(PPI)'で胃酸を強力に抑え
胃潰瘍、十二指腸潰瘍に最も頻用される薬です。
胃カメラ検査は、 胃潰瘍が治りきっていない状態、
慢性活動性胃炎(ピロリ菌感染伴う)でした。
(PPI)内服だけでは、一時的症状は改善してもピロリ菌の除菌なしに、
治りきることがなく、潰瘍、びらんの再発が起こります。
(PPI)など、よく効くお薬なので症状があればすぐに検査なしで 
しばしば安易に処方されますが、
今、胃の状態がどうなのか、いつまでの内服すればいいのか分かった方が
時間、費用のことも考えると 
きっちり胃カメラ検査を受けられた方がベストだと思います。

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • 小冊子無料プレゼント
  • 胃内視鏡検査(胃カメラ)について
  • 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 患者様の声
お問い合わせ お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください 06-6391-3838 ボタンをクリックすると問い合わせフォームが開きます
受付時間は診療時間をご覧下さい
メールでのお問い合わせはこちら
  • 内視鏡検査
  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 人間ドックとの違い
  • 内視鏡症例

林医院
大阪府大阪市淀川区東三国2-2-19

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • 医院情報
  • 医院風景
  • 院長紹介
  • スタッフ紹介
  • 医院の取り組み
  • 診療科目の紹介