林院長のブログ

2014.02.23更新

2014,01,27

これまでに大腸カメラ検査、ポリープ切除を別々の病院にて
数回されておられ、毎回大腸検査で痛く、つらい思いをした。
病気のことが気になるけれど 検査自体に過去の思いがあり 
敬遠されていた方です。

大腸カメラ検査にて '過腸' (正式名称でなく 大腸が全体的に緊張がなく、
固定がゆるく、伸びやすい腸のことを 度々この名称で使います。)
女性、胃下垂の体型、便秘症の人に多く見られ、検査挿入時に時間がかかる
ケースが多いです。
終了後、これまでに比べ楽でしたというお言葉、アンケートを頂きました。
辛くなく検査が終わるのがいいですね。

投稿者: 林医院

2014.02.14更新

2014,01,24
基幹病院にて 心筋梗塞ステント術 計3回 ニトロ錠常備、
直腸癌にて粘膜下層剥離術 既往の循環器内科、消化器内科通院中の方です。
1月以上前より胃重感あり精査希望にて来院。
内視鏡検査にて 十二指腸潰瘍、慢性胃炎 
C‐Ⅲ、HP+(ヘリコバクターピロリ菌感染) を認め、
HP除菌治療と 十二指腸潰瘍の治療開始。
以前に経口胃カメラで大変つらかったので 当院では経鼻胃カメラを選択、
たいへん楽でした。原因、治療期間、方針がわかって安心しましたとのことです。
経鼻胃カメラ検査は、咽頭反射が少なく、心臓、血圧への負担が
かなり軽減されているなと日頃感じています。

投稿者: 林医院

2014.02.04更新

2014,01,20

昨年の健診にて2回とも便潜血陽性を指摘。
12月より検査予約されていた50代の方で、
今年の1月に大腸カメラ検査施行。
2番目にポリープが多い部位であるS状結腸に、
頂部経25㎜大、茎部経15㎜大の易出血性のあるⅠpポリープを認め、
大きいだけに、表面凹凸が強く、内視鏡所見として明らかに悪性(癌)が考えられました。
大きいだけに浸潤度合を懸念しなければいけませんが、Ⅰpという形状、
切除断端に距離があり外来にてポリープ切除施行。縫縮、止血処置をして終了。 
病理結果、腺癌(早期)、断端陰性、脈管、リンパ侵襲なく完治。
本人より自覚症状全くなく、こんなものができていてびっくりした、
外来で完治できてよかったとのお言葉でした。

投稿者: 林医院

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 病気の知識
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ