病気の知識

2014.03.14更新

大腸憩室は、大腸の壁の一部が袋状に外側に突出した状態です。

部位、頻度
欧米では、80~90%以上がS状結腸に見られるのに対して、
日本人の場合、成人で上行結腸に約60~70%、S状結腸に約20%、
両方に約10~15%と欧米と比べても右側に多く、高齢に伴い憩室は増加し、
60歳以降からS状結腸、両方が著名に認められると報告されています。

原因
 食生活と大腸憩室の関係が報告されており、食物繊維の摂取量の低下が
大腸憩室の増加につながることが証明されています。
便秘など消化管の運動機能異常による腸管内圧の亢進が憩室を形成すると
考えられています。

症状
 通常は自覚症状はありません。
便の固着などで、感染や炎症を起こし憩室炎を起こせば、
 腹痛、発熱、下血といった急性腹症といわれる状態になります。

診断
 1)注腸検査: 腸の外側に突出する円形のバリウム影が映ります。
 2)腹部X腺検査: 注腸検査のバリウムの残りを認めることがあります。
 3)大腸内視鏡検査:小さな穴、くぼみが観察され、部屋状見えます。
            憩室炎を起こしている場合は、周囲粘膜の腫脹、発赤
            憩室からの出血、排膿を認めます。
 4)腹部エコー、腹部CT検査:
            憩室炎を起こしている場合は、炎症による腸管壁の肥厚、
            程度が強いと周囲全体に浸出液像を認めます。
治療
 大腸憩室の大半は無症状で経過し、特に治療の必要はありません。
 憩室炎を起こした時、安静、点液、抗生剤投与などの保存的治療、
 憩室出血の場合、安静、点液の保存的治療、大腸内視鏡検査で出血部位がわかれば、
   内視鏡による止血処置が行われます。

投稿者: 林医院

2014.03.10更新

気管支のさらに内部にある肺胞がこわれ、固くなっており空気が貯まったままの状態で、吸い込んだ息を吐き出しにくく、息苦しさを常に感じます。長い喫煙歴、職業、大気汚染など環境が原因で高齢の方でほとんど慢性気管支炎を伴っています。

これらは、アレルギーが関与していたり、長年の生活環境、様式が影響していますので精査が必要、病状が重い場合は呼吸器専門内科へのご紹介させていただきます。 

投稿者: 林医院

2014.03.07更新

気管支に慢性の炎症があり、この炎症ために気道の過敏な状態が持続しており、気管支の壁の肥厚で空気が通るスペースが狭くなっている状態で、発作時は気管支が収縮し空気が通るスペースがさらに狭くなり息がしづらく、喘鳴がある状態です。多くの原因がアレルギーです。季節の変わり目、天候、気温変化、体調不良、風邪を引いた時や心理的要因、喫煙、アルコールでも誘発されます。

投稿者: 林医院

2014.03.05更新

喘息にみられる喘鳴(ゼーゼー)、呼吸困難は見られず、痰を伴わない乾いた咳、咳き込みだけが、数週間続く病気です。熱はありません。アレルギー素因の方に多く、咳喘息でも喘息と同様に気道の炎症、気道粘膜の過敏性が亢進し起こっている状態と考えられています。体調不良,風邪をひいた後、空気、温度変化、電話、会話、運動などで咳き込みが起こりやすく、風邪薬や咳止めではなかなか治りにくいです。


■主な病気のQ&A
Q1.咳が出やすくなり困っています。風邪のあと、2週間経っても咳だけ続いたり、夜間の季節の変わり目、温度差でも咳が出やすくなりました。また、喉のイガイガで咳が出ることもあります。原因は何ですか?

血液検査、胸部レントゲンでも診断が難しい場合が多く、喉、気道の過敏性が亢進している状態です。
近年咳喘息とも言われ、気管支喘息と同様にアレルギー疾患としての対応も必要です。咳止めだけでは治りにくいです。
(歩行時に息切れ、以前に比べ咳、痰が多くなった方は、肺機能の低下、炎症が強くなっている可能性があります。受診されて肺機能検査、胸レントゲン、CT検査が必要です。)
各専門以外に風邪、インフルエンザ、膀胱炎、口内炎といった診療も行っています。

投稿者: 林医院

2014.03.05更新

狭心症の状態で起こっていた狭窄していた血管(冠状動脈)が閉塞して心臓の筋肉が動かなくなる状態です。急性と慢性に分かれますが、急性期症状は、突然の30分以上続く激しい胸痛で冷や汗、呼吸困難をともない梗塞の範囲により症状の程度も異なりますが緊急カテーテル検査、治療が必要で1番死亡につながる病気です。
高血圧、糖尿病、肥満など危険因子の多い方は、定期的な心電図検査が発症の早期発見につながりますのでお勧めします。

両者とも診療で疑いのある場合 急を要しますので循環器内科へ即時紹介となります。

■主な病気
Q.不整脈や古い心筋梗塞を言われ薬を飲んでいます。状態も落ち着いているのですが薬は必要でしょうか?

内服(薬)で心臓、血管の状態を保っているのです。血圧、循環器の薬を勝手に自分で調整してはいけません。(すぐにドキドキが起こる、胸が圧迫される、足がむくんできた方は受診が必要です。)

投稿者: 林医院

2014.03.03更新

心臓の筋肉に酸素をおくる血管(冠状動脈)が狭くなり、それによって、十分な血液が心臓の筋肉におくることの出来ない状態(虚血)を、狭心症と呼びます。代表的症状は、突然、胸の痛み、圧迫不快感、5~10分以内というものです。無症状では心電図でも見つかりにくいため肥満、糖尿病、高脂血症、喫煙歴、発作の時間、状態など問診が重要となります。

投稿者: 林医院

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 病気の知識
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ