胃がん、大腸がんの早期発見 内視鏡検査
診療時間
アクセス
ホーム > 院長・スタッフ紹介

院長紹介

院長紹介

院長 林 保
長所 負けず嫌い、慎重
短所 慎重すぎ、こだわりすぎ
好きな食べ物 家内の料理
嫌いな食べ物 牡蠣(かき)、トンカツ
好きな
スポーツ
テニス、スキー、(学生時代はまっていました)
腰を痛めてからは、観戦ばかりです。
レジャー ダイビング(家内と2人でよく行きました)
映画(何でも見ますが、感動、ドキュメンタリー系をよく見ます)
よく聞く音楽 バラード系
好きなマンガ はじめの一歩、スラムダンク、イニシャルD
好きな場所 海、静かで広々とした所
休日の
過ごし方
子どもと遊ぶ、読書
好きな言葉 前向き・素直・感謝・思いやり
座右の銘 千里の道も一歩から
幸せを感じる時 周りの人が元気、幸せな時
生まれ
変わったら
内視鏡外科医かな?
院長 林 保

当医院の治療方針

当医院では、エビデンス(根拠)に基づいて各患者さまに納得の頂いた上で検査、各個人の状態に合った治療を行っております。
検査は、苦痛のない検査を提供させて頂いております。
病気の程度(急性期、重症度)に応じて連携医療機関に迅速に対応させて頂きます。
当医院で『検査してよかった』、『治療してよかった』、『来てよかった』のお言葉が私たちにとって何よりも一番かけがえのないお言葉です。そのように思っていただけるように素晴らしいスタッフと頑張って行きたいと思います

消化器内科医を志したきっかけ

24年前。私が研修医の時でした。

普段我慢強い50代前半の母から、初めて胃の不調の訴えがありました。
それまで毎年、胃のレントゲン検査を受けていましたが、たまたま1、2年のブランクがあったというので、すぐに私自身が勤務していた病院で胃カメラの検査を受けました。
その検査結果は、研修医の私が見てもすぐに診断できる「進行胃がん」で、すぐに外科で手術対応となりました。

時すでに遅し。すでにリンパ節の転移などあり、抗がん剤の治療と痛みを抑えるモルヒネの注射の闘病生活で、発見後1年足らずの余命でした。
身近にいながら何故という思い、あの時検査を抜かすことがなければという無念さを痛感しました。運命的なのか消化器病、内視鏡の専門になるきっかけであった思います。

働き盛りの方からご年配の方をガンから守ることを使命としています。

日々、医学は進歩していますが進行ガンは不治の病です。3人に1人がガンで亡くなっています。消化器ガンが多く、とくに胃、大腸ガンは内視鏡(カメラ)検査の定期的フォローで早期発見、予防的治療で癌死亡をなくすことができます。ご本人だけでなく、ご家族、友人に悲しい思いさをせたくない、皆様には私の二の舞いを踏まないように願っております。

検査自体が怖い、苦しい、つらいということでは定期的に続けて行うことが出来きないと考えています。そのために
検査の大切さを伝え、確かな技術、治療で辛くない安心できる検査を心がけ、日々精進し、癌死亡をなくすことに貢献できればと思います。

院長の経歴

昭和63年(1988年)に川崎医大を卒業後、大阪大学第一内科に入局し、その後、新千里病院(現済生会千里病院)、東大阪市立中央病院、大阪警察病院(天王寺)において、消化器疾患を中心に、循環器疾患、呼吸器疾患、糖尿病、高血圧をはじめとする生活習慣病など内科全般にわたり臨床経験を積んでまいりました。各病院の専門分野を経験させて頂いたことは私の医師としての大きな力となっております。

これまで、医院のかたわら内視鏡指導医として警察病院にて長年、非常勤医として上部、下部内視鏡検査に加え小腸内視鏡検査にも精力的に取り組み、免疫、アレルギー疾患に関係する小腸についての、研究、学会論文発表を行いました。

いままでの経験をもとに、平成7年(1995年)より医院を引き継ぎ、私を育てて下さった地域の皆様に密着した形で、求められる医療にお応えできるよう日々努力しております。

所属学会・認定医

  • 小冊子無料プレゼント
  • 胃内視鏡検査(胃カメラ)について
  • 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 患者様の声
お問い合わせ お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください 06-6391-3838 ボタンをクリックすると問い合わせフォームが開きます
受付時間は診療時間をご覧下さい
メールでのお問い合わせはこちら
  • 内視鏡検査
  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 人間ドックとの違い
  • 内視鏡症例

林医院
大阪府大阪市淀川区東三国2-2-19

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • 医院情報
  • 医院風景
  • 院長紹介
  • スタッフ紹介
  • 医院の取り組み
  • 診療科目の紹介