胃がん、大腸がんの早期発見 内視鏡検査
診療時間
アクセス
ホーム > 内視鏡検査を勧める理由 > 胃内視鏡検査(胃カメラ)について

胃内視鏡検査(胃カメラ)について

胃内視鏡検査(胃カメラ)あなたの胃は大丈夫ですか? 定期的に胃カメラを受けていますか?

胃内視鏡検査(胃カメラ)が必要な方

胃内視鏡検査(胃カメラ)が必要な方のイメージ
  • 胃透視(バリウム検査)で異常を指摘された方
  • 検診の採血検査でペプシノーゲンの異常、ピロリ菌陽性を指摘された方
  • 以前から慢性胃炎のある方
  • 体重が急激に減少(1ヶ月で1kg以上)してきた方
  • 家系に胃ガンのある方(若い方でも)
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、びらんの既往症のある方
  • 真っ黒(赤黒っぽい)な便がでた方
  • げっぷ、胸焼けのある方、腹痛や吐き気などの(自覚)症状が続く方
  • 最近、食欲が落ちてきた方
  • 胃がすっきりしない方、みぞおち付近が痛む時がある方
  • いつも胃がもたれる、喉のつまり、嚥下時異物感、胸やけ
  • 40歳以上の方(飲酒・喫煙される方(食道癌対策))

胃内視鏡検査(胃カメラ)の症例写真

早期胃がんのイメージ

早期胃がん

症状はありませんが、定期検査で発見された例です。

進行胃がんのイメージ

進行胃がん

検診で貧血を指摘され来院された例です。
症状はありません。

早期胃がんのイメージ

早期胃がん

精密検査希望で検査して発見された例です。
症状はありません。

胃潰瘍(良性)のイメージ

胃潰瘍(良性)

食後の胃痛で来院された方です。

胃内視鏡検査(胃カメラ)の問い合わせ

胃カメラ「経口内視鏡検査の流れ」

胃カメラ「経鼻内視鏡検査の流れ」


当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)がつらくない理由

胃内視鏡検査(胃カメラ)が苦しいのは、太いスコープが舌根部を圧迫することにより起こる、嘔吐反射のせいです。苦しくない胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けて頂くには以下の2つがあります。

1 カメラが舌根部に触れないようにする方法

鼻から細径ファイバーを挿入する胃カメラ

2 嘔吐反射を起こりにくくさせる方法

鎮静剤を用いた胃カメラ
当院では上記の方法を用いることで、つらくない内視鏡を可能としています。

当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)がつらくない理由のイメージ
胃内視鏡検査(胃カメラ)の楽な順番
つらくない内視鏡 鎮静剤を用いた胃カメラ 鎮静剤を少し使い、口・鼻からの挿入 鼻からの胃カメラ 鼻の麻酔のみ
元来の胃内視鏡 鎮痛剤を用いない口からの胃カメラ 局所麻酔のみ

当院では、患者様に選んでいただけます!もう、しんどい検査はやめませんか?

TOPへ戻る
  • 小冊子無料プレゼント
  • 胃内視鏡検査(胃カメラ)について
  • 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 患者様の声
お問い合わせ お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください 06-6391-3838 ボタンをクリックすると問い合わせフォームが開きます
受付時間は診療時間をご覧下さい
メールでのお問い合わせはこちら