胃がん、大腸がんの早期発見 内視鏡検査
診療時間
アクセス
ホーム > 内視鏡検査を勧める理由 > 胃内視鏡検査(胃カメラ)について > 胃内視鏡検査(胃カメラ)の種類

胃内視鏡検査(胃カメラ)の種類について

胃内視鏡検査(胃カメラ)の種類

「鼻からの胃カメラ」と「鎮静剤を用いた胃カメラ」の違い

鼻からの胃内視鏡検査(胃カメラ)

鼻からの胃内視鏡検査(胃カメラ)のイメージ

これまで、胃内視鏡検査は“苦しい、つらい”というイメージが多いのですが、鼻から挿入する胃カメラ(経鼻胃内視鏡検査)が、開発され導入されるようになって、従来の口からの胃カメラ(胃内視鏡検査)と比べ苦痛はかなり少なく、両方経験された方は、次回からは鼻からの胃カメラを約9割の方が希望されています。

林医院では2010年4月にフジノンより販売されている最新型の直径5.9mmの経鼻胃内視鏡を導入いたしました。
当院では経鼻内視鏡を苦しくない内視鏡の一つの選択肢として提供しております。

鎮静剤を用いた胃内視鏡検査(胃カメラ)

鎮静剤を用いた胃内視鏡検査(胃カメラ)のイメージ

検査が終わってしばらくしてから、「もう、終わったのですか?」、「まったく気づきませんでした。」という言葉を聞くことが多く、緊張しやすい方、不安の強い方、嘔吐反射の強い(オエオエしてしまう、ゲーゲーしてしまう)方には特にお勧めです。
無痛で最も苦しくないのですが、鎮静剤を使用しているため、検査後ベッドで30分ほど休んでから帰宅して頂きます。

TOPへ戻る
  • 小冊子無料プレゼント
  • 胃内視鏡検査(胃カメラ)について
  • 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について
  • 検査の流れ
  • 費用について
  • よくある質問
  • 患者様の声
お問い合わせ お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください 06-6391-3838 ボタンをクリックすると問い合わせフォームが開きます
受付時間は診療時間をご覧下さい
メールでのお問い合わせはこちら