病気の知識

2014.03.07更新

気管支に慢性の炎症があり、この炎症ために気道の過敏な状態が持続しており、気管支の壁の肥厚で空気が通るスペースが狭くなっている状態で、発作時は気管支が収縮し空気が通るスペースがさらに狭くなり息がしづらく、喘鳴がある状態です。多くの原因がアレルギーです。季節の変わり目、天候、気温変化、体調不良、風邪を引いた時や心理的要因、喫煙、アルコールでも誘発されます。

投稿者: 林医院

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 病気の知識
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ