林院長のブログ

2011.06.30更新

5月19日、宝塚市民病院 消化器内視鏡センターに見学にいきました。





昨年7月に誕生したセンターなので、最新設備はもちろん

患者さん,医療従事者全員の動線を考えた設備のハード面だけでなく、

中身(内側)から患者さんへの接遇応対、

医療従事者のお互いの医療レベルの向上のために

毎週2回カンファレンスを行っています。


基礎力を固め、応用力(緊急対応、高度医療)をつけるため、
なによりも、お互いに良い刺激となり切磋琢磨できる環境、

チーム作りが行われていました。


仕事中には見えない努力・練習が、仕事の後に行われています。

ベテランの方から新人の方までみんなが、

前を向いて、上を向いて 一緒に歩いていこうとする

"はつらつとした活発な職場"です。

ここには市民病院というイメージはありません。

近い将来、関西を代表とする内視鏡センターになっていると思います。



内視鏡センター長・診療部長である阿部 孝先生は、

大阪警察病院の時からの本当に長いお付き合いで

大変お世話になりました。

阿部 孝先生の癖まで全部知っています、、。話がそれましたが


警察病院内視鏡センターを立ち上げられ、

次に宝塚市民病院 消化器内視鏡センターへと

かなりパワフルな方でその行動力、決断力など尊敬しております。



終了後、2人で久しぶりに酔っ払いました。

投稿者: 林医院

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 病気の知識
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ