林院長のブログ

2013.10.24更新

皆様いかがお過ごしですか?
暑さのために待ちに待っていた雨ですが9月に入り、雨日が急に多くなり、
雨が降るたびごとに暑さが癒されました。
残暑が厳しいのかと思っていましたが、 朝夜は逆に10℃近く気温が下がり、
夜は冷房も不要なぐらいで、夏の半袖パジャマ、タオルケットでは寒いぐらいでした。 
台風も9月に入り立て続けにあり、京都では大雨特別警報で、
川の氾濫、避難勧告という近年にない降雨量を記録、各地での災害が年々
多くなっているように思います。近ごろ、極端な気象が続きますね。 

 9月7日 2020年の東京オリンピック開催が決まりました。
1998年長野オリンピック(冬季)以来の国際イベントです。
招致するのは並大抵ではありません。経済状況、政治状況、安全状況含め、
さまざまな要素から候補地選びが行われます。
市長、知事の個人レベルでの発言だけでは不可能です。
これまでの失敗の経験を活かしつつ、なんといっても多くの人の協力が
必要不可欠です。なんとしてでもやりたいという情熱で、多くの人が一丸となり、
みんなの協力が、招致に結びついたのだと思います。
国を代表しての競争、記録もありますが、人種、地域を別にして スポーツを通して
世界が共通の意識をもつ、何か一体感を感じる気がします。
本当に明るく、楽しい話です。まだ先ですが必ず見に行きます。 

今月も素晴らしいスタッフ、メンバーと頑張っていきたいと思います。

投稿者: 林医院

2013.10.14更新

2013,8,31

3年前に大腸カメラ検査を2回行い、ポリープを合計6ヶ切除。
既往の方で、久しぶりに大腸精査希望で来院。
大きさ5㎜,8㎜のポリープ切除となりました。ご本人は、
もうポリープはないだろうと思われていたそうですが、
検査してよかったと満足されました。

大腸ポリープの場合、遺伝子の損傷で線種ができるのがわかっており、
できやすい状態なので検査間隔として1から2年が目安です。
小さいうちに切除がベストです。

投稿者: 林医院

2013.10.08更新

2013,8,29

検診で40歳の方で便潜血(+)を指摘され、
以前に当院で検査されたことのある夫人のすすめで
大腸カメラ検査を行いました。
ご本人は痔による出血と思われていましたが、
約10数ミリ大の"早期大腸がん"が見つかり、
病院で内視鏡手術となりました。
数年後には進行がんとなり命に関わってきますので
本当に良かったです。

投稿者: 林医院

2013.10.01更新

2013,8,26

今まで潰瘍の薬を長年常用され、症状も良くなったり悪くなったりで、
60代の胃潰瘍を何度も繰り返されている方で 精査希望で来院。
ピロリ菌陽性を認め、除菌治療開始後 6ヶ月経過後も再発なく、
症状ともに改善し常用されていた潰瘍の薬からも解放され喜ばれています。

投稿者: 林医院

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 病気の知識
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ