林院長のブログ

2013.04.17更新

医院のすぐ近くの桜の名所です。

          

その年によって花色の濃さが違い、見れる期間が短いので見逃さないようにしています。
さわやかな風と満開の桜、花吹雪は、春を実感させてくれます。

        

                     

投稿者: 林医院

2013.04.03更新

2013、03,28

「毎食後の胸焼け、気水が上がってくる感じ」といった
典型的な逆流性食道炎は、内服治療食事習慣にて
8割から9割が改善から治癒できます。

今回、他院にて高血圧、高脂血症にて通院中、逆流性食道炎の
併発もあり、PPIの内服中の方で、毎朝、胸焼けが決まった時間に
一定時間持続、胃カメラ検査の所見でも治癒状態。
胸痛の鑑別として 胃や食道炎と狭心症は大切で、今回、 
心電図検査の結果にて狭心症。狭窄範囲が広い為、
冠動脈バイパス手術の適応となられたケースでした。

投稿者: 林医院

2013.04.01更新

皆様 如何お過ごしですか?
3月に入り昼間は急に5月並みの気温に上がる日があったり、
寒さが戻る日があったり。朝晩は冷え込みが続き暖房がなかなか離せない、
中頃まで薄着ではまだまだ寒く感じる日が多かったように思います。
一日の寒暖の差が大きく2月にひき続いて風邪の方、花粉や黄砂などで鼻水、
目のかゆみなど花粉症の方も多く見られました。
暖かい日差し、すがすがしい風が漂い、樹木の小枝には、今にも咲かんとする
たくさんの蕾、各玄関先にはお花が彩られ、待ち遠しかった春の到来を感じました。

我が家では、子どもが小学高学年にもなると、一緒に公園に遊びに行くことが
本当に減りました。(残念です、、、)
ついつい冬は家にこもりがちの生活が多いので、公園でなく"ランニング"を誘って
みると「行く」ということで、短い距離ですが天気のいい日に子どもたちと久しぶり
に走りました。
長男は小学6年ですが、同じ速さで付いて走れるようになっており、
知らないうちに成長しているのには驚きました。
逆に、自分では分かっていても体がついていかない、足の動きが鈍くなっており、
気付かないうちに体力が落ちていたことも分かりました。(年々、体を動かさなくなっ
ており、年齢だけは重ねていくので衰えは隠せないのですが、、、、)

4月からは新たなスタートです。気分、気持ちも転換できる始まりの月です。
少しでも運動を習慣にして体力をつけていきたいと考えています。
今月も素晴らしいスタッフメンバーと共に頑張って行きたいと思います。

投稿者: 林医院

2013.03.22更新

2013.03.04

会社検診で便潜血反応陽性(+)を指摘され、大腸検査目的で来院。
少し痔がある以外に症状ないけれど、癌がやっぱり気になる、
迷っていたけれど今回の便検査がきっかけで、初めて大腸内視鏡検査を受けて、
外来でポリープ(線種)切除まで終了、検査を受けてよかったですとの事です。
胃もそうですが、ポリープ、早期癌では症状はありません。
癌でも進行している状態のときです。
出来るだけ早い時期に検査されて発見、対処をおすすめします。

投稿者: 林医院

2013.03.15更新

2013、02,26

25年2月21日 厚生労働省の発表で、ヘリコバクターピロリ菌感染の
除菌治療の対象が拡大され、胃炎(慢性胃炎)が保険適用になりました。
(但し、胃内視鏡検査での診断が必要です。)
 これまで胃、十二指腸潰瘍が前提でしたが、慢性胃炎の程度の
強い方に朗報で、早期のヘリコバクターピロリ菌感染の除菌治療で
慢性胃炎の進行を防ぐことで、近い将来にも、胃癌の減少が期待しています。
若い世代の方ほど除菌での効果が期待できます。
50歳以降の中高年は、ピロリ菌の感染率が高く、萎縮性胃炎の方、
萎縮の程度が強い方も多いため、除菌後も内視鏡検査で定期的なフォローが必要です。

投稿者: 林医院

2013.03.12更新

2013、02,20

大腸内視鏡検査をされる方からのご質問に、
来院途中にトイレに駆け込むことがないか心配ご相談です。
当院では起床後から(もしくは検査6時間前から)洗腸液(約2ℓ)を
自宅で飲んで頂きます。2時間かけて服用。
服用後、2時間で計7~8回トイレに行くと排便が終わり、
排出するものがなくなり、便意もなく来院途中にトイレに
駆け込むことはありませんので安心してください。

投稿者: 林医院

2013.03.06更新

2013、02,14

大腸内視鏡検査をされる方からのご質問に、検査日当日の洗腸液(約2ℓ)
の飲み方のご相談を聞かれます。  
洗腸液(約2ℓ)につきまして コップ1杯 (約200cc)を10分かけて5回、
残り半分を同様にコップ1杯を10分かけて5回、2時間かけて飲みます。
服用途中1時間ぐらいからトイレに行きたくなります。
トイレに行く、残りを飲む、再びトイレに行くを7,8回くりかえします。
服用して座ったままだと 出にくい場合がありますので、歩く、体操する、
お腹をマッサージするなどで排便をうながします。あまり早く飲みすぎると、
飲んだものがそのまま出てしまい、洗い流せない場合がありますので、
2時間かける必要があります。味が飽きる場合がありますので、
飴玉をしゃぶりながら服用するのも一つのコツです。
全量摂取の方が 観察時きれいになっています。
大腸検査よりも前処置の洗腸液(約2ℓ)の服用が1番つらいといわれます。
臓器として便、残渣が残っているところなので、現在のところ洗い流すしか
方法がありません。ご了解下さい。

投稿者: 林医院

2013.03.01更新

少しずつですが、春めいてきましたね!
院内のお花も、綺麗に咲いています。

        

         

        

投稿者: 林医院

2013.02.12更新

2013、01,31

便秘?便通以上の精査目的で大腸内視鏡検査の方です。
「以前は毎日排便があったのが近年、気張らないと出ないようになってきた。」
とのことです。
内視鏡検査で癒着、過長もなく、その他所見なし。
大腸の働きの問題になり、問診で排便時にウオシュレットを誤った使い方をされ
変な習慣となっていたことも考えらました。

投稿者: 林医院

2013.02.08更新

2013、01,28

"食後の胸焼け"、"胸のつかえ" を訴えていた方です。
胃内視鏡検査検査で'食道ヘルニア'それに伴う'、
逆流性食道炎'を認めました。
程度によりますが最初に内科的治療で対応、約80~90%は、
改善から治癒となりますが、重症の方は外科的治療(約10%)が
必要となります。
投薬と食事指導にて症状、所見ともに改善。
"症状がなくなった"以外に"癌でなくてよかった" とのことでした。

投稿者: 林医院

前へ 前へ

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 病気の知識
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ