胃内視鏡検査(胃カメラ)について

鼻からの胃内視鏡検査(胃カメラ)

「鼻からの胃カメラ」と「鎮静剤を用いた胃カメラ」の違い

鼻からの胃内視鏡検査(胃カメラ) 

これまで、胃内視鏡検査は“苦しい、つらい”というイメージが多かったのですが、鼻から挿入する胃カメラ(経鼻胃内視鏡検査)が、開発され導入されるようになって、従来の口からの胃カメラ(胃内視鏡検査)と比べ苦痛はかなり少なく、両方経験された方は、次回からは鼻からの胃カメラを約9割の方が希望されています。

林医院では2010年4月にフジノンより販売されている最新型の直径5.9mmの経鼻胃内視鏡を導入いたしました。
当院では経鼻内視鏡を苦しくない内視鏡の一つの選択肢として提供しております。

メリット
  • 鎮静剤を使用した検査と比べ、薬による副作用が少なく安全な検査です。
  • 検査後に仕事をすることも可能なので、お気軽に受けて頂けます。
  • 鼻から挿入すると、口から挿入する場合とファイバーの通る経路が違うため、「オェー」という嘔吐反射が少なくすみます。
  • カメラの径が細いため、通常径のファイバーに比べ痛み・反射が少なくすみます。
  • 検査中に会話ができます。説明をうけながら画面も見ることが出来ます。
デメリット
  • 鼻出血しやすい方、蓄膿症などで鼻づまりが強い方は避けた方が良いでしょう。
  • 鎮静剤を使用した検査と比べ若干えづきが多く、鼻に違和感が残ることもあります。
  • 鉗子口が小さいためポリープ手術、その他処置ができない場合があります。
こんな方にお勧め
  • 仕事などで忙しく検査当日もあまり時間の無い方
  • 薬の副作用が心配な方(ご高齢の方)
  • 嘔吐反射、えずきが強く胃カメラが飲めない方、もう飲みたくない方

鎮静剤を用いた胃内視鏡検査(胃カメラ)

緊張が強かったり、不安感があったりすると体が硬くなり、嘔吐反射が起こりやすくなります。その為、検査の時にのどの麻酔のほかに、少量の鎮静剤を注射します。患者さまの年齢、体重、薬の服用履歴などから適切に判断し投与量を決めますので、安全で緊張を和らげる注射とお考え下さい。
うとうとしている間、気持ちが落ち着いている間に検査をします。‘えづく苦しさ’などなく検査が受けられる大変楽な方法です。

検査が終わってしばらくしてから、「もう、終わったのですか?」、「まったく気づきませんでした。」という言葉を聞くことが多く、緊張しやすい方、不安の強い方、嘔吐反射の強い(オエオエしてしまう、ゲーゲーしてしまう)方には特にお勧めです。
無痛で最も苦しくないのですが、鎮静剤を使用しているため、検査後ベッドで30分ほど休んでから帰宅して頂きます。

メリット
  • つらい、苦しいを感じることなく検査が受けられます。
  • 鼻からの胃カメラに鎮静剤を使ってするとさらに楽です。
デメリット
  • 検査後、ベッドで30分~60分休んで帰っていただきます。
  • 当日の車、自転車の運転は出来ません。

あなたの胃は大丈夫ですか?
定期的に胃カメラを受けていますか?

胃内視鏡検査(胃カメラ)が必要な方

  • 胃透視(バリウム検査)で異常を指摘された方
  • 検診の採血検査でペプシノーゲンの異常、ピロリ菌陽性を指摘された方
  • 以前から慢性胃炎のある方
  • 体重が急激に減少(1ヶ月で1kg以上)してきた方
  • 家系に胃ガンのある方(若い方でも)
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、びらんの既往症のある方
  • 真っ黒(赤黒っぽい)な便がでた方
  • げっぷ、胸焼けのある方、腹痛や吐き気などの(自覚)症状が続く方
  • 最近、食欲が落ちてきた方
  • 胃がすっきりしない方、みぞおち付近が痛む時がある方
  • いつも胃がもたれる、喉のつまり、嚥下時異物感、胸やけ
  • 40歳以上の方(飲酒・喫煙される方(食道癌対策))

胃内視鏡検査(胃カメラ)の症例写真

早期胃がん

症状はありませんが、定期検査で発見された例です。

進行胃がん

検診で貧血を指摘され来院された例です。
症状はありません。

早期胃がん

精密検査希望で検査して発見された例です。
症状はありません。

胃潰瘍(良性)

食後の胃痛で来院された方です。

胃カメラ「経口内視鏡検査の流れ」

胃カメラ「経鼻内視鏡検査の流れ」

当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)がつらくない理由

当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)の方法(Ⅰ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)が苦しいのは、太いスコープが舌根部を圧迫することにより起こる、嘔吐反射のせいです。苦しくない胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けて頂くには以下の2つがあります。

1カメラが舌根部に触れないようにする方法

鼻から細径ファイバーを挿入する胃カメラ

2嘔吐反射を起こりにくくさせる方法

鎮静剤を用いた胃カメラ
当院では上記の方法を用いることで、つらくない内視鏡を可能としています。

当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)の方法(Ⅱ)

しんどい胃内視鏡(カメラ)検査
  • 不完全な前処置
  • 一方向のみの挿入経路
  • 無理な挿入、操作
  • 多い鎮静剤による検査後 ふらつき
  • 倦怠感など
当院の胃内視鏡(カメラ)検査
  • 前処置の徹底
  • 各個人に合った挿入経路
  • 丁寧な操作、呼吸に合わせた挿入など
  • 各個人に適した鎮静剤量

楽な胃内視鏡検査(胃カメラ)の順位

つらくない内視鏡

1鎮静剤を用いた胃カメラ

鎮静剤を少し使い、口・鼻からの挿入

2鼻からの胃カメラ

鼻の麻酔のみ

元来の胃内視鏡

3鎮痛剤を用いない口からの胃カメラ

局所麻酔のみ

当院では、患者さまに選んでいただけます!もう、しんどい検査はやめませんか?

鎮静剤について

鎮静剤あなたはどちら?

当院では患者さまのご希望で鎮静剤の量を調整しています。
あなたの希望を教えて下さい。

できるだけ眠りたい方

内視鏡検査に強い不安を感じる方は、短時間眠って安心して検査を受けて頂くことをお勧めします。ただし、鎮静剤による眠りは、呼吸抑制のリスク、覚醒遅延、血圧低下のリスクがあります。検査後、ふらつき・転倒予防のため 回復までの時間が長くなる傾向もあります。
※当院の鎮静剤は病院の手術用等ではなく、辛くならない検査用として使用しているため、効用には個人差があります。予めご了承ください。完全に眠りたい方は病院にご相談ください。

ウトウトしたい方

浅い眠りかぼんやりした意識の中で検査が進みます。辛さもほぼ感じない上に、検査後も覚醒までの時間が早いため、比較的早くご帰宅頂けます。
初めて胃カメラを受ける方や不安が強い方は、ウトウトする感じで使われる事をお勧めします。

ハッキリ起きていたい方

鎮静剤を使わずに検査を受けて頂きます。意識がハッキリしているので“画像を一緒に確認しながら検査を進めることができます。検査後もすぐにお帰り頂けます。
以前にも鎮静剤なしで検査を受けた方や何度も検査経験がある方はこちらをおススメします。

 

昨今、都心部を中心に、鎮静剤を使って検査をする医療機関が増えました。
鎮静剤を使用するにしても浅い眠りで検査をすることが理想です。それには医師の経験と手間が必要なため、患者さまの希望を聞かず患者さまを深い眠りにしてしまう医療機関が多くあります。しかし、そのリスクは上述の通りです。

 

当院でも患者さまの苦痛を取り除くためにご要望に応じて鎮静剤を使用しています。
お気軽にご相談ください。

 

林先生のおススメ!

今後、胃ガン検診としてされに内視鏡検査が導入されます(地域によっては既に導入されています。)はじめは安全でハードルを低くするために少量の鎮静剤で辛くなく検査をされることをお勧めします。それから鎮静剤なしへと変えていかれてはいかがでしょうか?

大阪市淀川区の苦しくない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査ならお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 内視鏡検査予約フォーム
  • 病気の知識
  • 林院長のブログ
  • 林医院スタッフブログ